レーザー治療

レーザー治療には痛みを和らげたり、細菌を殺す効果があります

レーザー治療は、歯周病や歯の根の治療、知覚過敏などに用いると傷の治りを早くしたり、しみる感じを抑えたりできます。
最近では、歯ぐきの黒ずみ除去などの治療にも使われています。

レーザー治療は、「痛みが少ない」、「歯周病菌の殺菌に効果的」、「殺菌範囲が広く、歯の根まで届く」などの特徴があり、抜歯後にレーザーを照射することで痛みを抑え、殺菌効果により通常よりも治りやすくなるといった効果があります。

また、副作用もなく妊娠中の方、高血圧の方、薬を服用中の方にも安心して治療が受けられる機器です。

歯周病(歯周炎・歯肉炎)治療

歯周病(歯周炎・歯肉炎)治療

レーザーを使うことで、歯ブラシや従来の器具ではクリーニングが不可能であった部分に、歯周病(歯周炎,歯肉炎)の原因となる歯周病菌の殺菌を行うことが可能になります。

重度の歯周病の方でも、なるべく抜歯せず、自分の歯を残しながら元の健康な状態に近づけることが可能となります。

レーザー治療には主に以下の効果があります

歯周病
歯周ポケット内部に直接レーザーを照射することで、原因部分を直接殺菌・消毒することが可能です。
また、歯肉膿瘍などにおいても、麻酔を使うことなく殺菌しながらの排膿が可能ですので、患者様のストレスを軽減します。

知覚過敏症
レーザーを照射すると短時間で効果的に治療することができます。

根管治療
レーザーを根管内に直接照射することで、殺菌しながらの無菌的な乾燥が可能です。

外科処置
歯肉や粘膜を切ったときに、メスに比べてかなり出血が少なく傷口の治りが早いです。

口内炎
口内炎に照射することで早く治ります。

当院は歯科用CTを導入しています