入れ歯

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまったら・・

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった。または、お持ちの入れ歯に違和感を感じている方はまずはご相談ください。
最近ではインプラントもずいぶん主流になってきましたが、簡単な手術が必要ということもあり、入れ歯を選ばれる方も多いかと思います。当院では装着していることを忘れるくらい、自分の歯のように何でも噛めて、笑顔に自信が持てる入れ歯を作っております。

入れ歯は総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)の2種類に分けられ、保険適用内で作れる入れ歯と、 保険適応外で作る自費診療の入れ歯があります。

総入れ歯(総義歯)

総入れ歯(総義歯)

1~14本の歯の欠損部分を補うための義歯のことをいいます。
入れ歯自体が歯ぐき(顎堤)に吸着することにより、ものを噛んだときも外れず、食事が可能となります。

部分入れ歯(部分床義歯)

部分入れ歯(部分床義歯)

部分入れ歯は会話や食事中に入れ歯が外れないように残っている歯にかけるクラスプと人工歯、歯のない部分の粘膜の上に乗る義歯床などからできています。

部分入れ歯はバネのかかっている歯と義歯床の下の粘膜で力を負担しますので、歯にかかる負担を軽減できます。

また、入れ歯が合わなくなったときは裏打ちして修理することができます。 

義歯の素材

義歯に使用される素材には様々なものがあり、素材によって値段や使用したときの装用感、審美性、耐久力などが大きく異なります。
一般的な義歯であれば、保険診療で入れることが可能です。

レジン床義歯(保険診療)
金属床義歯(自由診療)
マグネット式義歯(自由診療)
ノンクラスプデンチャー

※金具を一切使わない部分入れ歯です。

当院は歯科用CTを導入しています